9月2016

切らなくてもできる治療

知っているか知らないかで、全然違うことってありますよね。
私は、包茎治療について、そのことを大いに感じました。
というのは、私は、ずっと包茎で悩んでいました。程度はそれほど深刻ではない仮性包茎で、絶対に包茎手術をしないといけないというものではありませんでしたが、やっぱり、きちんと包皮が剥けている方が衛生的にもいいと思い、やっぱり、最終的に包茎手術をしたほうがいいんだろうなって思っていたんです。
そのため、ネットなどで包茎手術のクリニックでどこがいいのかと探していたんです。そうしたら、包茎手術でも、切らないでできる治療法があることがわかったんです。

>>切らない包茎治療をするのにおすすめのクリニックはこちら

やり方として、切らない包茎治療というのは、大まかに言うと少しだけ余ってる包皮を根元の方によせて、糸や接着剤などで固定し、皮が自然と剥けるクセをつけるというものなんです。

もちろん、自分の包茎の具合が、仮性包茎の中でも軽度のものかどうかというのは、実際にクリニックで診察してもらわないといけないんですが。。。
それでも、この方法なら、時間も短時間で済むし、切る手術のように術後の制限もほとんどないそうです。なので、手軽に包茎治療ができるメリットが有るんですよね。

このことを知ってから、包茎治療に関し、少し気持ちが楽になったんです。とりあえずこういう方法もあるんだなって思えるようになりましたからね。